アクセスカウンタ

神田 嘉延ー歴史文化の旅から学ぶシニア人生ー

プロフィール

ブログ名
神田 嘉延ー歴史文化の旅から学ぶシニア人生ー
ブログ紹介
 日本の未来を展望した歴史文化の旅



 地域の暮らしの歴史文化から未来を探る


 今、自分の住んでいる霧島の地域を深く考えながら、日本各地、世界への歴史文化の旅をとおしての明日への日本を展望したいと思っています。

 日本は豊かな自然をもっている国です。豊かな自然があってこそ、幸福な暮らしが成り立ってきたと思います。環境問題が大きく問われる現代社会においては、この豊かな自然と持続可能性をもった経済が切実に要求されます。

 山の民の見方

 日本人は山の民、海の民、農耕の民として自然に大きく関わってきました。山の民は日本の各地の峰を駆けめぐり、日本の山、森林の文化を築きあげてきました。

 そこには、沢山のたくみの技もつくってきました。宮大工、船大工、家具職人、工芸職人等。そして、日本全国の文化を交流させてきました。また、修験道というように心を山のなかで鍛えてきました。この山には、極楽浄土から殺傷を嫌う平和の文化があったのです。山には、たくさんの自然の神がいます。その自然の神と仏教が複合的に結びついてきたのも日本文化の特徴です。

 海の民の見方

 海の民は、宇宙の星をみながら、自らの位置を見極め、気象条件、四季の変化、潮の流れの変化をじっくりみながら航海技術を深化させてきました。

 この航海技術の進歩は、世界へと羽ばたき、交易の民として、異民族文化との接触を積極的にできるようにしたのです。異文化との接触は、珍しい文化のふれあいもでき、創造性をつくりだしました。そして、貴重な財を蓄積し、文化が複合的に豊かになってきたのです。ここには、世界兄弟としての平和の文化もあったのです。海は命を一挙に奪う自然の恐ろしさもあります。海の神に対する安全祈願は海の民にとって大切なことなのです。

 農耕の民の見方

 日本における農耕の民は、山の民、海の民との関係によって生きてきました。海の民によって海外の食の文化が入り、新たな農作物も導入されて、日本の自然条件に合わせて、工夫した生産をしてきたのです。自然条件に不可能と思われる農作物をつくってきたのです。ここには、自然のものではなく、自然と積極的につきあって、豊かな衣食住をつくってきたのです。

 山の民との関係によって、心地よい住宅や工芸品が提供され、里山によって、肥料や薪が確保されてきました。山の民によって貴重な水源の保全と提供、自然の情報、各地の文化の情報、旅の案内人をしてもらったのです。

 日本は、山の民、海の民、農耕の民、異民族と、それぞれの異なる暮らしの基盤と文化の違う人々が共生して、文明を発展させてきたのです。

 霧島歴史文化の特徴

 霧島山麓には人類の未来を考えていくうえですばらしい歴史と文化がありました。
 今、人類は、平和と持続可能な社会をめざすために新たな夢を探っていく時代です。

 霧島山麓は、天孫降臨のニニギノミコ神話があります。この神話は、人間と自然を考える古代文化の結晶でもあります。都城横市では、縄文晩期の稲作跡もみつかっています。
 
 霧島山麓には、独自に古墳時代の古代地下式墳墓がたくさんあります。また、古墳時代からの儀式に使用する蛇行剣もたくさんみつかっています。地下式墳墓には、職人の工具と龍紋様の剣、朱色での壁画もあります。 

 象嵌による装飾を施した鍛冶具が新たに見つかりました。日本列島でも、朝鮮半島でも出土したことのない新発見の資料です。象嵌装飾は古墳時代後期の最先端技術です。そこでは、文化水準の高い貴重な遺産が発見されています。

 今から1100年前には、京都の貴族屋敷に匹敵する大きな豪族屋敷と高い文化の営みが都城金田地区で発見されました。同時代、そのまわりには、多くの住居跡が確認され、ひとつの都市が形成されていたことがみられます。ここでもなぜ、霧島山麓に豪族屋敷が作られていたか大変に興味ある課題です。

 前記の10世紀の同じ時代に、霧島六社権現が性空上人に整備されています。霧島山麓は、10世紀に一つの文化が栄えていたことを意味します。その経済的な基盤は何であったのでしょうか。霧島山麓の歴史文化の価値が大きく高まっているのです。
 

 霧島山麓は、シラス大地ということから、天然の登り窯が作りやすい条件をもった場所が数多くあり、樫の木も豊富で良質な白炭を生産してきました。山からの水が豊富で扇状地帯を形成し、湧き水があちこちにある地形的な特徴もあります。この地形の特徴は、水田が早く作られるのに適していました。鉄の生産も行われていました。
 
 霧島山麓は、今昔物語やつれつれ草に登場してくる性空聖人の修行の地であったと言われています。日本の説話のはじまりでもあります。神社とお寺が混合していた六所権現の聖の山でもあります。この文化は江戸の末期までも続きます。

 霧島には、多様な価値を認め合う日本文化の平和の源が霧島にあったのです。霧島の歴史文化の豊かさは、自然循環的な営み、森と水、大地の恵みがあったからです。

 戦後民主憲法の原案が霧島山麓でつくられていた

 明治8年、東京の朝野新聞に、鹿児島県襲山郷在中(霧島)の竹下彌平の名前によって、民主憲法制定草案が投稿されています。正規の名前ではないと思われます。この地は、西郷隆盛もよく来ていたのです。
 自由の理によって、国会を国の最高権限機関とし、為政者を豹変させないために憲法制定の緊急性をあげているのです。 

 明治維新は、日本が植民地になる危機的な国際情勢でありました。欧米諸国がアジアの諸民族を植民化していく時期です。明治維新政府の5箇条の御誓文は、広く会議を興し、万機公論に決すということ、そして、旧来の陋習(ろうしゅう)を破り天地の公道に基づくべしとしました。
 
 霧島の憲法草案は、ドイツ憲法をモデルにしての明治天皇の暫時立憲政体詔書の出る2ケ月の執筆です。自由の理によって、国会を最高機関と考える対照的な憲法草案が霧島で考えられていたのです。
 
 霧島には、天孫降臨、神仏混合等の伝統的な文化が凝縮されていると同時に、日本の未来を人類史的な普遍的な原理で考えていこうとする側面も同時にみられます。明治8年の霧島での民主的憲法制定案は、深い歴史の中からみていくことも必要とみられます。

 明治維新のときの廃仏毀釈という神仏混合の伝統的な文化を破壊した一面があったことも決して忘れてはなりません。霧島山麓の貴重な文化遺産が廃仏毀釈によって、失われていったからです。霧島の歴史文化が目にみえる形で文化財として今日残っていないものが数多くあるのです。

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
東日本最大古墳の天神山古墳
東日本最大古墳の天神山古墳  群馬県太田市にある天神山古墳は、墳丘墓が全長210メートルで後円部直径120メートル、前方部前端幅126メートルの巨大な前方後円墳です。5世紀中期につくられた古墳です。平成2年の発掘調査、平成8年、9年の発掘調査で外堀があったことが確認されていますが、全貌についてはよくわかっていないのが現状です。埋葬施設は盗掘され、長持形石棺の一部が転落したということです。墳丘のまわりは、二重の内堀、外堀があることが確認されています。南北345メートル、東西325メートルにわたり、墓域が形成されています。 ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/09/20 11:03
群馬高崎の大型古墳群とかみつけの里博物館
群馬高崎の大型古墳群とかみつけの里博物館  かみつけの里は高崎の駅からバスで30分、タクシーで20分のところにあります。多くの子ども達が教師に連れられて古墳公園内で学習していることが目につきました。  5世紀末から6世紀前半に2度に渡る榛名山の火山災害によって、大型古墳群、王の館が消えていったとみられています。火山灰によって埋もれた村や王の館が復元できたということです。当時の大規模な水田の跡地もわかりました。水田は現在と全く異なり、たたみ二枚ほどの小規模な区画のものをいくつも作って、地域一帯に大規模にしていったのです。  こ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/09/19 16:41
さきたま古墳群と大宮の氷川神社を訪ねて
さきたま古墳群と大宮の氷川神社を訪ねて    さきたま古墳群は、公園として整備されて楽しく散策できます。また、古墳の内容をくわしく解説してくれる博物館もあります。散策ガイドマップも観光案内パンフにして、社会教育行政の地域の古墳文化に力の入れ方もわかります。小学生の子ども達が野外観察授業として教師に連れられて勉強している姿は、地域文化に誇りをもつ教育として、たのもしいと思いました。  この古墳群を有名にしたのは、稲荷山の鉄剣銘文発見です。古墳の頂上が稲荷神社があったことから稲荷山古墳といわれます。  銘文には、日本に年号がなかった... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/09/18 16:51
ベトナム中国国境ハザン省の茶生産を視察して
ベトナム中国国境ハザン省の茶生産を視察して  ハザン省は中国との国境地帯の少数民族が居住する地域です。山岳地帯で棚田が延々と続き、天に棚田がそびえているようです。訪れた地域は、山に自然に自生しているお茶をつんで生計をたてています。急傾斜な地形から、お茶の原木から葉を選んで摘み取るのは厳しい労働であるとみられます。  村のまとめ役になっているお茶の工場に住民達がお茶の葉を持ち込んできます。工場では、中国茶になる葉を乾燥させています。できた製品は高くても1キロ300円程度で中国商人が買い取っていますが、買いたたかれて決して豊かな生活と思えま... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/09/12 14:44
ベトナム戦争中部激戦跡地を訪ねて
ベトナム戦争中部激戦跡地を訪ねて  ベトナム戦争は第2次世界大戦の戦後世界史のなかで大きな悲惨な出来事でした。日本でも60年代後半から70年代前半にベトナム反戦運動が全国的に展開されました。ベトナムは、日本の敗戦により、1945年9月2日に独立宣言をしました。しかし、再びかつて、ベトナムを植民地にしていたフランス軍が侵攻してきたのです。  フランスとの闘いは1954年のジュネーブ平和協定まで続きました。17度線の停戦協定がひかれ、双方の軍隊は、北と南にわかれたのです。2年後に選挙が行われる予定でしたが、アメリカのかいらい政権が... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/09/12 13:04
ベトナム・ナムディン地方への宮崎県と南九州大学の人材養成援助
ベトナム・ナムディン地方への宮崎県と南九州大学の人材養成援助  宮崎県・南九州大学は、ベトナム・ナムディン省政府と人材養成について協定を結びました。その協定の中心はは、農村の人材養成です。農業技術援助、環境農業・食品安全の加工の技術等です。ここには、宮崎県の生産法人も加わり、ベトナム農村への実践的な技術援助をしています。技能実習生制度を低賃金の安価な労働力としてではなく、日本語も2級、3級以上の青年を協定の趣旨を理解する農業生産法人がベトナムの青年を受け入れています。  ここには、大学卒業生やベトナム・ナムディン省政府の職員も参加して、日本の農民のなかで... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/09/11 21:43
川崎市多摩丘陵の里山柿生フィールドワーク
川崎市多摩丘陵の里山柿生フィールドワーク  社会教育全国集会・神奈川の「社会に開かれた教育課程」分科会のフィールドワークに参加させてもらいました。 小田急線の柿生駅から降りて、その周辺の里山を利用した学校と地域住民の協働の勉強の話を聞きながらの山歩きでした。古くからの津久井地方の産物と江戸を結ぶ街道筋の里山です。開発によって、そのおもかげはすっかり消えていますが、住民の運動によって、遺跡と里山が残ったということです。  相模国の津久井地方は、黒川炭、禅寺丸柿、生糸、鮎、漆の生産で繁栄し、柿生駅の周辺は、馬、荷車で多くの人が往来してい... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/09/11 14:28
若き西郷隆盛と川内城温泉
若き西郷隆盛と川内城温泉    若き西郷隆盛と川内高城温泉 西郷隆盛は、青年時代に高城(たき)温泉に滞在しています。西郷は、薩摩街道出水筋の川内川の妹瀬等のめがね橋をつくる監督の助手を務めています。この工事は3年ほどかかりましたが、西郷は18歳から21歳まで、この仕事に関わっています。この関係で、川内高城温泉に訪れていたのです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/08/17 21:40
南さつま市の歴史文化財と海道ーアジアとの交易ー
南さつま市の歴史文化財と海道ーアジアとの交易ー  南さつま市は、加世田市、大浦町、笠沙町、坊津町と合併した薩摩半島南端の自治体です。新しくなった市の名前が鹿児島県民でありながら、さつま市と南九州市とがよく間違ってしまいます。両市と指宿市は、薩摩半島の南端で、昔から海の道をとおしてアジアとの交流が強くあったところです。  南さつま市坊津は、鑑真が上陸したところです。また、最近は加世田の万之瀬川の河口に東南アジア・タイのアユタヤ王朝のパンブーン窯からの壷が出てきたり、活発に交易していた遺跡が数多くに発見されています。あらためてアジアとの交易の地... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/08/12 09:45
山鹿地方の装飾古墳文化
山鹿地方の装飾古墳文化 熊本県は装飾古墳が集中している地域です。全国に古墳は20万ありますが、そのうち文様や絵で装飾されたものは660基にすぎません。熊本県は195基あり、全国の30%を占めています。九州は、386基あり、約6割になります。福岡71基、宮崎60基、佐賀30基、大分21基、長崎9基です。なぜ熊本をはじめ九州地域に装飾古墳が数多くあるのでしょうか。その古墳文化の特殊性は何であるのか。東アジアの文化とも絡めてみていくことが必要です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/08/11 14:30
人吉青井阿蘇神社と職人の街
人吉青井阿蘇神社と職人の街  人吉の青井阿蘇神社は平安時代初期に創建されたものです。阿蘇神社の神主の神託によって分霊されたものです。阿蘇神社と深い関係をもって創建されています。神仏習合の神社としての伝統をもっていました。十一面観音、不道明、毘沙門天が本地仏でしたが、1665年に唯一神道にに改めたのです。相良氏は球摩・ハ代を中心に700年の領主経営で八代衆、球摩衆の国人層衆中との衆議によっての統治でした。江戸時代は関ヶ原で西軍についたため二万二千石と人吉中心を領有する小藩となりました。現在の建物は江戸初期に建てられたものです... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/07/09 18:06
福岡糸島の古墳形成期遺跡と古代製鉄文化
福岡糸島の古墳形成期遺跡と古代製鉄文化  糸島は、北九州のなかでも弥生晩期の頃に古墳形成時期の墳墓があり、日本の古墳文化形成を考えていくうえで、大切な地域といわれています。まさに最古の古墳群です。ここでは、大型の集落跡もみつかり、伊都の国の繁栄ぶりがよみとれるのです。  日本の古来からの自然の地形を利用した野たたら製鉄を考えていくうえでも重要です。糸島半島に8世紀といわれる八熊製鉄跡が発見されました。大規模な製鉄遺跡は、嶋郡に分布しており、今後の調査に期待するところです。この一帯は、古くから製鉄が行われていたところとして注目されると... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/06/29 10:51
鹿児島志布志湾の古墳群と大隅古代国家
鹿児島志布志湾の古墳群と大隅古代国家    鹿児島県の志布志湾沿岸には、横瀬前方後円墳、大塚前方後円墳の巨大な前方後円墳をはじめ多くの古墳が存在しています。この古墳群は、大きな統率力と富を蓄積した国家の都があったと思われます。ここを仮称として、大隅古代国家と名付けてみます。  志布志湾沿岸の前方後円墳発生は、肝属川の高台の塚崎古墳群から3世紀後半とされ、日本の前方後円墳の初期段階に志布志湾沿岸で築造されていたのです。また、この地域では、地下式横穴墓が最近に大量に発見されています。注目することは、近くにあることだけではなく、古墳の... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/06/21 10:32
古墳と共に暮らす宮崎県国富町の中心街
古墳と共に暮らす宮崎県国富町の中心街  国富町の中心街の本庄地区は、役場、郵便局、銀行、スーパーなどがある市街地です。この市街地にたくさんの古墳があります。古墳案内の掲示版もあり、楽しみながら街を散策できます。国富町の文化財ガイドに本庄古墳群の紹介がされております。図書館等にたちよって、その古墳ガイドをもらって散策していくと、より深く古墳の意味を 深く知ることができます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/06/19 12:37
宮崎市古墳群と交易ー生目・下北方の古墳をみてー 
宮崎市古墳群と交易ー生目・下北方の古墳をみてー   宮崎県の大淀川は、霧島山麓を源流にして都城市を上流に、下流は、宮崎市から太平洋に流れる南九州の大きな川です。ここには、古代から文化が栄えたところで、ニニギノミコトの天孫降臨、海幸山幸、神武天皇東征の神話のあるところです。考古学的な発掘調査によって、その文化の古墳時代の文化の高さが明らかになってきています。そして、古墳時代前期4世紀につくられた古墳が数多く存在することです。4世紀は、日本列島全体で前方後円墳がまだあまりできていない時期です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/06/18 18:41
神武天皇少年期伝説の皇子原古墳と狭野神社
神武天皇少年期伝説の皇子原古墳と狭野神社  皇子原古墳は、霧島山麓の宮崎県高原町にある古墳です。神武天皇が少年期に遊んだ土地としての伝説があります。この古墳は発掘調査は行われていませんが、地域の人々や自治体は神話の里として皇子原公園をつくり、地域おこしに取り組んでいます。788年の霧島噴火のときに、社殿が消失して、現在の高原町に性空聖人によって954年に再興されています。    1234年の霧島噴火によって、東霧島神社に移されたが、元々の狭野神社の旧蹟ということで、1543年に東霧島神社から神体が高原町に移され1598年まで狭野神社... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/06/02 19:39
交流史の古代国家形成と西都原古墳ー軍事史観から交易史観ー
交流史の古代国家形成と西都原古墳ー軍事史観から交易史観ー  西都原古墳群は、古代国家形成の見方で交易や交流の側面からみれることです。交易や交流は、軍事的な征服による国家統一という側面からではなく、協調、文化的融合という史観を教えています。最も典型的に交易を教えている遺物は舟形埴輪です。西都原古墳169号から出てきた船形埴輪は、日向の古代文化の大きな特徴を示すものです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/05/28 16:46
霧島神宮の古宮跡と天孫降臨神話の逆鉾
霧島神宮の古宮跡と天孫降臨神話の逆鉾  霧島神宮は欽明天皇(きんめいてんのう)時代(539年?〜571年?)に慶胤(けいいん)僧(によって、高千穂峰と現御鉢)の中間に社殿をつくったとされています。延暦7年(788年)7月の霧島噴火によって消失しますが、その後150年間ほどの空白があり、天慶3年(940年)に性空上人によって、瀬多尾越えに(現在の古宮跡)に社殿および別当寺華林寺を再興しました。瀬多尾峠は、昔は高原町の狭野(さの)神社への霧島の山越えになったのです。霧島山麓にそって御池方面にいく道と二つあったのです。これらは、六社権現の... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/05/27 21:30
熊本阿蘇神社開拓祖と古墳群
熊本阿蘇神社開拓祖と古墳群  阿蘇神社は、恐るべき噴火口を神として古くから自然の火山神として祀られてきました。阿蘇の神社の主祭神の健磐龍(たけいわたつみ)命は、火山の自然神と地域開発・農耕の神という2つの側面をもっています。農耕祭事は盛んに行われてきました。タケイワタツノミコトは、火山神として、開拓と農耕の神として大和朝廷の支配のおよぶ前から阿蘇地方の豪族の神であったのです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/05/22 22:08
宇佐八幡宮と隼人
宇佐八幡宮と隼人  宇佐八幡宮は応神天皇を祀っています。応神天皇の神霊は、欽明天皇の時代の571年に宇佐の地に現れたとされます。大陸の文化と産業を輸入し、新しい国づくりをされたという伝承から、現れたとされます。八幡大菩薩は応神天皇の神霊と同一されます。725年に、現在の地に御殿を造立し、宇佐神宮の創建になるのです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/05/20 22:23

続きを見る

トップへ

月別リンク

神田 嘉延ー歴史文化の旅から学ぶシニア人生ー/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる