アクセスカウンタ

神田 嘉延ー歴史文化の旅から学ぶシニア人生ー

プロフィール

ブログ名
神田 嘉延ー歴史文化の旅から学ぶシニア人生ー
ブログ紹介
 日本の未来を展望した歴史文化の旅



 地域の暮らしの歴史文化から未来を探る


 今、自分の住んでいる霧島の地域を深く考えながら、日本各地、世界への歴史文化の旅をとおしての明日への日本を展望したいと思っています。

 日本は豊かな自然をもっている国です。豊かな自然があってこそ、幸福な暮らしが成り立ってきたと思います。環境問題が大きく問われる現代社会において、今後もこの豊かな自然を持続可能性をもった経済も切実に要求される時代です。

 山の民の見方

 日本人は山の民、海の民、農耕の民として自然に大きく関わってきました。山の民は日本の各地の峰を駆けめぐり、日本の山、森林の文化を築きあげてきました。

 そこには、沢山のたくみの技もつくってきました。宮大工、船大工、家具職人、工芸職人等。そして、日本全国の文化を交流させてきました。また、修験道というように心を山のなかで鍛えてきました。山は極楽浄土から殺傷を嫌う平和の文化もあったのです。山には、たくさんの自然の神がいます。その自然の神と仏教が複合的に結びついてきたのも日本の文化です。

 海の民の見方

 海の民は、宇宙の星をみながら自らの位置を見極め、気象条件を四季の変化、潮の流れの変化とともに航海技術を深化させていました。

 この航海技術の進歩は、世界へ交易の民として異民族文化との接触を積極的にできるようになったのです。異文化との接触は、珍しい文化のふれあいもして、貴重な財を得てきました。文化が複合的に豊かになっていくのです。ここには、世界兄弟としての平和の文化もあったのです。海は命を一挙に奪う自然の恐ろしさもあります。海の神に対する安全祈願は海の民にとって大切なことなのです。

 農耕の民の見方

 日本における農耕の民は、山の民、海の民との関係によって生きてきました。海の民によって海外の食の文化が入り、新たな農作物も導入されて、日本の自然条件に合わせて、工夫した生産をしてきたのです。自然条件に不可能と思われる農作物をつくってきたのです。ここには、自然おのものではなく、自然と積極的につきあって、豊かな衣食住をつくってきたのです。

 山の民との関係によって、心地よい住宅や工芸品が提供され、里山によって、肥料や薪が確保されてきました。そして、山の民によって貴重な水源の保全と提供、自然の情報、各地の文化の情報、旅の案内人をしてもらったのです。

 日本は、山の民、海の民、農耕の民、異民族と、それぞれの異なる暮らしの基盤と文化の違う人々と共生して、文明を発展させてきたのです。

 霧島歴史文化の特徴

 霧島山麓には人類の未来を考えていくうえですばらしい歴史と文化がありました。
 人類は、平和と持続可能な社会をめざすために新たな夢を探っていく時代です。

 霧島山麓は、天孫降臨のニニギノミコ神話があります。この神話は、人間と自然を考える古代文化の結晶でもあります。都城横市では、縄文晩期の稲作跡もみつかっています。
 
 霧島山麓には、独自の古代地下式墳墓がたくさんあります。また、古代からの儀式に使用する蛇行剣もたくさんみつかっています。地下式墳墓には、職人の工具と龍紋様の剣、、朱色での壁画もあります。 象嵌による装飾を施した鍛冶具が新たに見つかりました。日本列島でも、朝鮮半島でも出土したことのない新発見の資料です。象嵌装飾は古墳時代後期の最先端技術です。そこでは、文化水準の高い貴重な遺産が発見されています。

 今から1100年前には、京都の貴族屋敷に匹敵する大きな豪族屋敷が都城金田地区で発見されました。同時代、そのまわりには、多くの住居跡が確認され、ひとつの都市が形成されていたことがみられます。ここでもなぜ、霧島山麓に豪族屋敷が作られていたか大変に興味ある課題です。

 前記の10世紀の同じ時代に、霧島六社権現が性空上人に整備されています。霧島山麓は、10世紀に一つの文化が栄えていたことを意味します。
 その経済的な基盤は何であったのでしょうか。 霧島山麓の歴史文化の価値が大きく高まっているのです。
 

 霧島山麓は、シラス大地ということから、天然の登り窯が作りやすい条件をもった場所が数多くあり、樫の木も豊富で良質な白炭を生産してきました。やまからの水が豊富で扇状地帯を形成し、わき水をあちこちにわきでて、水田が早く作られるのに適していました。鉄の生産も行われていました。
 
 霧島山麓は、今昔物語やつれつれ草に登場してくる性空聖人の修行の地であったと言われています。
日本の説話のはじまりでもあります。神社とお寺が混合していた六所権現の聖の山でもあります。この文化は江戸の末期までも続きます。

 霧島には、多様な価値を認め合う日本文化の平和の源が霧島にあったのです。霧島の歴史文化の豊かさ、自然循環的な営み、森と水、大地の恵みがあったからです。

 戦後民主憲法の原案が霧島山麓でつくられていた

 明治8年、東京の朝野新聞に、鹿児島県襲山郷在中(霧島)の竹下彌平によって、民主憲法制定草案が投稿されています。自由の理によって、国会を国の最高権限機関とし、為政者を豹変させないために憲法制定の緊急性をあげているのです。 

 明治維新は、日本が植民地になる危機的な国際情勢でありました。欧米諸国がアジアの諸民族を植民化していく時期です。明治維新政府の5箇条の御誓文は、広く会議を興し、万機公論に決すということ、そして、旧来の陋習(ろうしゅう)を破り天地の公道に基づくべしとしました。
 
 霧島の憲法草案は、ドイツ憲法をモデルにしての明治天皇の暫時立憲政体詔書の出る2ケ月の執筆です。自由の理によって、国会を最高機関と考える対照的な憲法草案が霧島で考えられていたのです。
 
 霧島には、天孫降臨、神仏混合等の伝統的な文化が凝縮されていると同時に、日本の未来を人類史的な普遍的な原理で考えていこうとする側面も同時にもっているということが、明治8年の民主的憲法制定案にみられます。

 明治維新のときの廃仏毀釈という神仏混合の伝統的な文化を破壊した一面があったことも決して忘れてはなりません。霧島山麓の貴重な文化遺産が廃仏毀釈によって、失われていったからです。霧島の歴史文化が目にみえる形で文化財として今日残っていないものが数多くあるのです。

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
霧島白鳥温泉と西郷隆盛の未来思索
霧島白鳥温泉と西郷隆盛の未来思索 白鳥温泉に明治7年7月から10月に滞在した西郷隆盛 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/04/27 14:20
霧島の和気神社いわれ=正義貫き流罪の称え
霧島の和気神社いわれ=正義貫き流罪の称え  霧島市牧園にある和気神社は、和気清麻呂を祀った神社です。清麻呂は、律令国家の正義を貫き通した結果、当時の独裁的な権力者からの怒りによって、霧島牧園犬飼の地に流罪にされます。それは、769年に道鏡事件として起きたことです。仏教の善悪因果説を忘れての権力欲をもった僧が、女帝である天皇の寵愛を受けて、太政大臣禅師、法王となります。さらに、最後は、宇佐八幡宮の神託によって、天皇になろうとした事件です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/04/10 08:41
都城市横市の日本最古級水田跡地
都城市横市の日本最古級水田跡地  霧島山麓の都城市横市では、平成9年から13年度の県営ほ場整備事業に伴って、発掘調査が行われましたが、この遺跡から今までの定説を覆す水田跡地がみつかったのです。従前の弥生時代に稲作が朝鮮半島から伝わってきたという見解が強く、この意味で北部九州、または朝鮮半島との関係の場所に日本の水田の起源を求めることが多いのです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/04/02 08:34
サッポロビール創設と鹿児島の村橋久成
サッポロビール創設と鹿児島の村橋久成  村橋久成は、1865年に薩摩藩から密航でイギリリス留学生に選ばれた15名の一人です。ロンドン大学に入学に、明治維新後に日本の近代化に尽力した若者です。1871年開拓使の官吏になりました。開拓使の人材養成に強い願いをもっていたのでした。それはイギリス留学経験と薩摩開成所の卒業生ということからでした。黒田長官との面接でもあつく語るのでした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/03/31 11:57
松浦党唐津会議所と唐津神社
松浦党唐津会議所と唐津神社  下記の写真は松浦党会議所跡地の碑です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/03/26 19:46
背振山信仰と性空ー霧島六社権現との関連探求ー
背振山信仰と性空ー霧島六社権現との関連探求ー  背振山は、弁財天降臨の山として信仰されてきました。霧島山のニニギノミコトの天孫降臨です。降臨ということから背振山と霧島は共通性があります。背振山も霧島山も性空上人が修行した山麓です。修験道の山岳信仰として、多くの山伏が修行した地でもあります。これからの意味からの背振山と霧島の比較研究は興味ある問題です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/03/24 10:34
日当山温泉・西郷隆盛の宿
日当山温泉・西郷隆盛の宿  明治維新後から西南戦争までの間に、西郷隆盛は、よく日向山温泉に来ていました。下記の写真は、そのときに利用した家の宿です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/03/15 10:04
薩摩の修験道と紫尾山三所権現ー金信仰の神ー
薩摩の修験道と紫尾山三所権現ー金信仰の神ー   ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/03/13 22:53
鹿児島郷中教育と出水兵児の掟
鹿児島郷中教育と出水兵児の掟  薩摩の郷中教育は、質実剛健ということで、勇ましいイメージがありますが、人間的な心をもった優しさをあることをみなければなりあせん。  出水の兵児の掟のなかで、最後に締めくくっているのは、次のとおりに温和慈愛です。「温和慈愛にして、者の哀れみを知り、人に情けある以て節義のたしなみと申すものなり」。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/03/13 19:19
大隅国の国分寺跡と国府跡
大隅国の国分寺跡と国府跡    島津義久の晩年の城跡は、国分小学校と国分高校になっていますが、その近くに古代の大隅国の国分寺跡があります。この国分寺跡は南北に160メートルあったと遺跡調査であったといわれます。現在は市街地の住宅が建っていますので、本格的な調査はおこなわれいません。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/03/13 16:03
霧島東神社と東光坊錫杖院にみる修験道
霧島東神社と東光坊錫杖院にみる修験道    「天の逆鉾」を管理する霧島東神社ー天孫降臨と霧島修験道ー ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/03/09 15:46
八ヶ岳と山岳信仰
八ヶ岳と山岳信仰  八ヶ岳連峰は、長野県の諏訪、佐久地方と、山梨県の小渕沢、清里の長野県に接する地域にあります。八ヶ岳には、阿弥陀岳、権現岳というように仏教的、修験道的な山岳信仰、そのものを連想させる峰があります。それぞれ、歴史的に、山をみる方向からも名 前が異なっているようです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/03/08 15:31
霧島神宮隣接の税所神社と吉祥院跡
霧島神宮隣接の税所神社と吉祥院跡  霧島神宮の本殿隣に小さな神社がありますが、それが税所神社です。霧島神宮の歴史に深く関わってきた税所家の神社なのです。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/03/08 13:11
霧島山麓の入口の止神神社と乗林寺跡
霧島山麓の入口の止神神社と乗林寺跡  止神神社には、歴史的に貴重な仮面が多く残された。現在51点の仮面が残されています。鹿児島県内でも最多です。隼人の鎮魂のために祭りに使用される「大の御幸」という貴重なものもあります。この仮面は乗林寺の住職がつくったとされています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/03/07 20:25
薩摩豪商の浜崎太平次と指宿
薩摩豪商の浜崎太平次と指宿  薩摩指宿の浜崎家は、三井家と鴻池家と並ぶ、薩摩の豪商の家系でありましたが、太平次が19歳のときに第8代目として、家を継いだときは、家業は傾いていました。 ところが、太平次は積極的に海外貿易を展開して家業を復興させ、さらに薩摩藩の財政危機を救い、幕末の藩政改革、明治維新への薩摩藩の財政的基盤をつくあげるほど、家業を大きくしていくのです。薩摩藩の幕末の財政を支えた豪商でもあったのです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/03/01 15:47
東南アジア・中国の交易史と鹿児島神宮の謎
東南アジア・中国の交易史と鹿児島神宮の謎  鹿児島神宮は,日本の南の玄関として交易と防衛の大きな役割があったのではないかと考えられます。鹿児島神宮を朝廷等の中央政権との関係ばかりではなく、南海の道から考えてみることも必要ではないか。 また、地域の独自の暮らしや文化の歴史から鹿児島神宮をみていきたと思っています。  鹿児島神宮の神仏習合は、様々な側面から複合的に多面性をもっていたとみられます。神社という国家護国の神道だけの単一の見方ではないのです。とくに交易から様々な文化が入ってくる面があります。   現代的にも先人から学び、... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/02/28 13:24
書写山圓教寺と霧島
書写山圓教寺と霧島    書写山圓教寺の開祖は性空上人です。かれは、若い頃に大衆教化の道を選んで、比叡山の良源からたもとを分けて霧島山で修行を始めるのでした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/02/09 14:44
西郷隆盛軍合流の熊本学校党隊・協同隊
西郷隆盛軍合流の熊本学校党隊・協同隊  熊本党薩隊 熊本党薩隊は、時習館出身の学校党を中心に、西南戦争で西郷隆盛軍に呼応して編成されます。 熊本隊の大隊長であった池辺吉十カには、西郷隆盛からの書簡があり、交流があったとみられるます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/02/08 15:21
都城山之口の島津寒天工場跡
都城山之口の島津寒天工場跡   寒天は江戸初期に日本で生まれた味覚食品原料です。薩摩藩は、密貿易を目的とした藩経営の寒天生産を1854年にはじめたのです。民間人の寒天生産を幕府は統制して貿易の独占をしていました。薩摩藩の外国貿易に対する強い独自性があったのです。指宿の豪商の浜崎太平次の協力のもとに生産を始めています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/02/05 12:56
都城高城の近世経済繁栄と豪商後藤屋敷
都城高城の近世経済繁栄と豪商後藤屋敷  後藤家は、廻船問屋、山林業、酒造業、養蚕業などをやり、地域の産業発展に貢献した商家です。霧島山麓である都城地方で、なぜ廻船問屋なのかという疑問をもつことが多いと思います。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/02/05 10:21

続きを見る

トップへ

月別リンク

神田 嘉延ー歴史文化の旅から学ぶシニア人生ー/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる