アクセスカウンタ

神田 嘉延ー歴史文化の旅から学ぶシニア人生ー

プロフィール

ブログ名
神田 嘉延ー歴史文化の旅から学ぶシニア人生ー
ブログ紹介
 日本の未来を展望した歴史文化の旅



 地域の暮らしの歴史文化から未来を探る


 今、自分の住んでいる霧島の地域を深く考えながら、日本各地、世界への歴史文化の旅をとおしての明日への日本を展望したいと思っています。

 日本は豊かな自然をもっている国です。豊かな自然があってこそ、幸福な暮らしが成り立ってきたと思います。環境問題が大きく問われる現代社会においては、この豊かな自然と持続可能性をもった経済が切実に要求されます。

 山の民の見方

 日本人は山の民、海の民、農耕の民として自然に大きく関わってきました。山の民は日本の各地の峰を駆けめぐり、日本の山、森林の文化を築きあげてきました。

 そこには、沢山のたくみの技もつくってきました。宮大工、船大工、家具職人、工芸職人等。そして、日本全国の文化を交流させてきました。また、修験道というように心を山のなかで鍛えてきました。この山には、極楽浄土から殺傷を嫌う平和の文化があったのです。山には、たくさんの自然の神がいます。その自然の神と仏教が複合的に結びついてきたのも日本文化の特徴です。

 海の民の見方

 海の民は、宇宙の星をみながら、自らの位置を見極め、気象条件、四季の変化、潮の流れの変化をじっくりみながら航海技術を深化させてきました。

 この航海技術の進歩は、世界へと羽ばたき、交易の民として、異民族文化との接触を積極的にできるようにしたのです。異文化との接触は、珍しい文化のふれあいもでき、創造性をつくりだしました。そして、貴重な財を蓄積し、文化が複合的に豊かになってきたのです。ここには、世界兄弟としての平和の文化もあったのです。海は命を一挙に奪う自然の恐ろしさもあります。海の神に対する安全祈願は海の民にとって大切なことなのです。

 農耕の民の見方

 日本における農耕の民は、山の民、海の民との関係によって生きてきました。海の民によって海外の食の文化が入り、新たな農作物も導入されて、日本の自然条件に合わせて、工夫した生産をしてきたのです。自然条件に不可能と思われる農作物をつくってきたのです。ここには、自然のものではなく、自然と積極的につきあって、豊かな衣食住をつくってきたのです。

 山の民との関係によって、心地よい住宅や工芸品が提供され、里山によって、肥料や薪が確保されてきました。山の民によって貴重な水源の保全と提供、自然の情報、各地の文化の情報、旅の案内人をしてもらったのです。

 日本は、山の民、海の民、農耕の民、異民族と、それぞれの異なる暮らしの基盤と文化の違う人々が共生して、文明を発展させてきたのです。

 霧島歴史文化の特徴

 霧島山麓には人類の未来を考えていくうえですばらしい歴史と文化がありました。
 今、人類は、平和と持続可能な社会をめざすために新たな夢を探っていく時代です。

 霧島山麓は、天孫降臨のニニギノミコの神話があります。この神話は、人間と自然を考える古代文化の結晶でもあります。都城横市では、縄文晩期の稲作跡もみつかっています。日本の国土で、最も古くから稲作の生産が行われていた地です。
 
 霧島山麓には、独自に古墳時代の古代地下式墳墓がたくさんあります。また、古墳時代からの儀式に使用する蛇行剣もたくさんみつかっています。地下式墳墓には、職人の工具と龍紋様の剣、朱色での壁画もあります。 

 象嵌による装飾を施した鍛冶具が新たに見つかりました。日本列島でも、朝鮮半島でも出土したことのない新発見の資料です。象嵌装飾は古墳時代後期の最先端技術です。そこでは、文化水準の高い貴重な遺産が発見されています。

 今から1100年前には、京都の貴族屋敷に匹敵する大きな豪族屋敷と高い文化の営みが都城金田地区で発見されました。同時代、そのまわりには、多くの住居跡が確認され、ひとつの都市が形成されていたことがみられます。ここでもなぜ、霧島山麓に豪族屋敷が作られていたか大変に興味ある課題です。

 前記の10世紀の同じ時代に、霧島六社権現が性空上人に整備されています。霧島山麓は、10世紀に一つの文化が栄えていたことを意味します。その経済的な基盤は何であったのでしょうか。霧島山麓の歴史文化の価値が大きく高まっているのです。
 

 霧島山麓は、シラス大地ということから、天然の登り窯が作りやすい条件をもった場所が数多くあり、樫の木も豊富で良質な白炭を生産してきました。山からの水が豊富で扇状地帯を形成し、湧き水が方々に出ている地形的な特徴もあります。この地形の特徴は、水田が早く作られるのに適していました。鉄の生産も行われていました。
 
 霧島山麓は、今昔物語やつれつれ草に登場してくる性空聖人の修行の地であったのです。日本の説話のはじまりでもあります。神社とお寺が混合していた六所権現の聖の山でもあります。この文化は江戸の末期までも続きます。

 霧島には、多様な価値を認め合う日本文化の平和の源が霧島にあったのです。霧島の歴史文化の豊かさは、自然循環的な営み、森と水、大地の恵みがあったからです。

 戦後民主憲法の原案が霧島山麓でつくられていた

 明治8年、東京の朝野新聞に、鹿児島県襲山郷在中(霧島)の竹下彌平の名によって、民主憲法制定草案が投稿されています。正規の名前ではないと思われます。この地は、西郷隆盛もよく来ていたのです。
 自由の理によって、国会を国の最高権限機関とし、為政者を豹変させないために憲法制定の緊急性をあげているのです。 

 明治維新は、日本が植民地になる危機的な国際情勢でありました。欧米諸国がアジアの諸民族を植民化していく時期です。明治維新政府の5箇条の御誓文は、広く会議を興し、万機公論に決すということ、そして、旧来の陋習(ろうしゅう)を破り天地の公道に基づくべしとしました。
 
 霧島の憲法草案は、ドイツ憲法をモデルにしての明治天皇の暫時立憲政体詔書の出る2ケ月前の執筆です。自由の理によって、国会を国権の最高機関と考える対照的な憲法草案が霧島で考えられていたのです。
 
 霧島には、天孫降臨、神仏混合等の伝統的な文化が凝縮されていると同時に、日本の未来を人類史的な普遍的な原理で考えていこうとする側面も同時にみられます。明治8年の霧島での民主的憲法制定案は、深い歴史の中からみていくことも必要とみられます。

 明治維新のときの廃仏毀釈という神仏混合の伝統的な文化を破壊した一面があったことも決して忘れてはなりません。霧島山麓の貴重な文化遺産が廃仏毀釈によって、失われていったからです。霧島の歴史文化が目にみえる形で文化財として今日残っていないものが数多くあるのです。

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
熱海の来宮神社と伊豆大権現の自然崇拝文化
熱海の来宮神社と伊豆大権現の自然崇拝文化  熱海の来宮(きのみや)神社と伊豆大権現は、日本人の伝統的な自然を神として、その生命力、恩恵を大切にする魂があることを著しています。しかし、その魂も歴史のなかで訴訟費用のためや、近代化の新国家形成のなかで、国家神道と大きく変質したことを直視ことが必要とみれます。今一度、多様性を認め合い、寛容の精神の形成のために、また自然循環を大切にして、持続可能性の社会を形成するために神仏混合や修験道の世界を見直すときではないかと思います。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/06/19 12:42
鎌倉の長谷寺観音信仰と大仏
鎌倉の長谷寺観音信仰と大仏   ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/06/19 10:33
ベトナム・ナムディンのバオ・ダップ村の造花と教会
ベトナム・ナムディンのバオ・ダップ村の造花と教会  ナムディン日本語・日本文化学院の学生が郷土の産業をテーマに卒業論文を書いていますが、学生たちは、わたしたちを案内するときに、「にせものの花をつくっている村」と、日本語で表現していました。ベトナム語で直訳するとそのようになるというのですが、日本語では、にせもの生の花としてではなく、自然界の花を創作しているということです。手作業でのすばらしい造花は生花(いけばな・せいか)よりもずっと高額になるものがあることを話しました。    ベトナムでもプラスチック製の造花(ぞうか)のものよ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/06/08 18:14
ベトナム・ナムディン・ヒゲーの盆栽村
ベトナム・ナムディン・ヒゲーの盆栽村  上記の写真は、100前に植えられた盆栽です。ヒゲー村は、紅河沿いにそった村ですが、10世紀初め頃から人が住みはじめていますが、盆栽がはじまったのは、トウ・チュン・トウが13世紀のはじめに盆栽を教えたことから、盆栽の村として発展してきたといわれます。非常に古い歴史をもった盆栽村で、盆栽自体も100年以上の歴史をもっているものが数多くあります。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/06/08 16:40
ベトナム・ナムディン・フォロン村の園芸農家
ベトナム・ナムディン・フォロン村の園芸農家  ベトナムも経済発展により花がよく売れるようになっています。近年、専門的に花を大規模に栽培する園芸農がナムディンの農村にも生まれています。ここには、新しい近代的な栽培方法を取り入れているのも特徴です。この村は農村の生活整備がよくできている村です。ベトナム政府の勧める新農村計画運動の成果でもあります。  ここでは、環境問題からゴミを村の整備された農道の決まったところに集めています。ゴミを農道の下におかないで、農道に棚をつくって置き場にしています。これは犬などがゴミをあさらないようにするた... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/06/08 14:39
ベトナム・ナムディンの塩田
ベトナム・ナムディンの塩田   ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/06/08 13:45
ベトナム・ナムディンの子どもたちへのあめ細工
ベトナム・ナムディンの子どもたちへのあめ細工  ベトナムの子どもの日はお祭るが行われます。この日は屋台の店を出て、子ども連れの親子でにぎわいます。子ども達は、屋台でおめ細工を買うのが楽しみにしています。最も売れるのは、子ども日ですが、そればかりではなく、お祭りや、国の記念日には、よく売れます。あめ細工職人は、屋台道具を担いで、子ども達が集まる場に出かけていくのです。  あめ細工は、米を原料にしてつくっていますので、食べられるものでしたが、近年は、子どもの遊び道具がいろいろでるようになり、装飾に力をいれるようになり、食べられなくなっ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/06/08 12:59
ベトナム・ナムディンの竹からつくる花器・食器・照明笠など
ベトナム・ナムディンの竹からつくる花器・食器・照明笠など 上記の写真の製品は、すべて竹を材料にしてできたものです。竹はナムディンではまにあわなくて、多くは、中部のタインホアから送られてきたものを買います。3ヶ月間に水に浸して、丈夫にして、そして、天日で乾かす。農家でつくり、それを会社組織のセンターに集めて、売れる商品にするように仕上げます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/06/07 21:04
ベトナム・ナムディンの家具と伝統の家をつくる村
ベトナム・ナムディンの家具と伝統の家をつくる村  上記の写真は、展示品の家です。材木はラオスからの輸入です。ベトナムでは、家を建てる木材は極めて不足して、多くは、レンガつくりになっています。ベトナムの古来からの伝統的な木材の家を建てるには、ラオスが重要な木材の供給地になっています。  この家の価格は、ベット、机、テーブル、などの家具もあわせて一棟、3000千万円ということです。このような木材でつくった伝統的な建物のお客さんは、地域のお寺や神社が多く、高級の政治家や資産家にもなっています。職人の給料は、平均して、一ケ月1000千万ドン... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/06/07 20:21
ベトナム農村の太鼓をつくる村
ベトナム農村の太鼓をつくる村  太鼓をつくる村は、ハーナム省のドンソンのドイタムです。太鼓の胴面はハラミツの木でつくります。音色のよい木であるということから太鼓に適しているのです。胴面は、ただくりぬいているだけではなく、音質をよくすための工夫があるのです。また、太鼓をたたくところの鼓面は、水牛の革からとるのです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/06/07 18:02
ベトナム・ナムディン農村での帽子とござ・籠づくり
ベトナム・ナムディン農村での帽子とござ・籠づくり  ベトナムのナムディン地方の農村は、伝統的な工芸が盛んなところです。貧しかったことから農業だけでは生活できないということで、昔から農民達は、伝統工芸を発達させてきたのです。それを現代風にアレンジして、世界市場に対応できるように農民達は家内工業を工夫しているのです。今回は、帽子とかごづくりを紹介します。帽子は、市場に対応して、おしゃれなものをつくっています。外国にも輸出しているのです。籠も伝統的なベトナムでの地域の素材を使っていますが、おしゃれ性を工夫しているのが特徴です。 ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/06/07 13:43
奄美大島と西郷隆盛
奄美大島と西郷隆盛  西郷隆盛は、月照と共に錦江湾に入水しました。西郷は、奇跡的に蘇生したのです。生きかえった西郷は、自らを『土中の死骨』と呼んだのです。この心境で奄美大島に潜居の身で流されていくのです。自分だけが、この世に戻ってきたということで、心に魂がない状況だったのです。 鹿児島の山川港から砂糖積船福徳丸で、龍郷の番屋の船着場に上陸しました。龍郷に上陸したときは全く世の中の前後も見えない死んだ魂であったのです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/05/16 19:02
阿久根の河南源兵衛と寺島宗則生誕地
阿久根の河南源兵衛と寺島宗則生誕地  阿久根は、江戸時代に貿易によって、薩摩の豪商として言われた河南源兵が、その経済繁栄を支えました。彼は、中国の帰化人で、明王朝に仕えていた役人でした。現代的にも、東アジアを考えていくうえで、多くの教訓があるのではないかと思われます。江戸の初期から7代にわたって、河南家は、琉球をとおして中国との貿易を担ってきたのです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/04/29 17:13
特攻拒否の夜襲隊と鹿児島岩川基地跡
特攻拒否の夜襲隊と鹿児島岩川基地跡  特攻作戦を拒否して、夜襲飛行機の出撃によって、米軍の戦艦と戦った部隊があったのです。努力と工夫、隊員の厳しい訓練、帰還の可能性を大きくし犠牲を最小限にして、米軍に打撃を与えるという部隊が鹿児島の岩川基地に存在したのです。それは、美濃部少佐の率いる芙蓉部隊です。夜戦のために改良した彗星型の飛行機を独自につくり、米軍の打撃に有効機能する特殊なロケット爆弾を備えたのです。     ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/04/25 18:12
会津鶴ケ城と藩校日新館
会津鶴ケ城と藩校日新館  会津鶴ヶ城を訪れましたが、ちょうど桜の満開の素晴らしい時期に恵まれました。城全体が桜に囲まれた絶景でした。この桜は、いつ頃に植えられたのでしょうか。巨木の桜も数多く、戊辰戦争のときはどうであったかと思いました。この思いは、観光に来た人たちからも、その声が聞かれました。この城の場では、戊辰戦争で、官軍と会津藩あげて老幼男女も参加して、徹底した戦いが行われました。3千人も死亡するという悲劇が、この地であたのです。会津の人びとの悲しみは、その後ずっと残ったのです。城は大きくきずつき、明治7年に取り壊... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/04/18 23:28
安井息軒と法治国家思想ー明治維新政府の公議政体論の挫折ー
安井息軒と法治国家思想ー明治維新政府の公議政体論の挫折ー  安井息軒は、近代日本の法治国家への素地をつくった思想家です。現代的に日本は、立憲主義が大きく問われている時代です。また、法と道徳の結びつきも為政者と民との関係で大きな課題となっているのです。徳治主義と法治主義は対立するのではなく、民のため、仁政に、法があることを忘れてならないのです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/04/14 11:56
薩摩半島の頴娃の絶景海岸と幸福をよぶ釜蓋神社
薩摩半島の頴娃の絶景海岸と幸福をよぶ釜蓋神社   頴娃の海岸は、伊能忠敬が日本の地図作成のために全国測量していたときに、「天下の絶景なり」として、海岸線の景色を称賛したところです。海岸線が巌におわれて、波しぶきがあがり、遠望には湾岸の浜辺に突き出るように開聞岳がそびえたっているのです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/04/09 19:08
住民立松ヶ浦小学校の伝統と知覧・頴娃の浜経済
住民立松ヶ浦小学校の伝統と知覧・頴娃の浜経済    知覧海岸線の松ヶ浦は、住民の寄付金によって、高等小学校を明治の後期につくりました。住民立の私立高等小学校です。明治33年に小学校令を改正により修業年限4年を義務化して高等小学校を付設することになりましたが、地域によっては、これを契機にして、小学校が廃止された事例を全国的にみるっことができます。小学校の統廃合の問題は、すでに明治の後期にもあったのです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/04/09 16:30
川辺町清水磨崖仏と南薩摩仏教文化
川辺町清水磨崖仏と南薩摩仏教文化  川辺町は、仏壇の町として、古くから仏教的な文化が強くあったところです。ここには、たくさんの仏壇づくりをする各工程の職人がたくさんいるところです。職人の伝統的な工芸の技能・技術を現代的にいかしていく新たな産業づくりの可能性を大いにあると思っています。この仏壇の町の郊外の清水の巌壁に磨崖仏の線画、仏像が彫られています。なぜ川辺町であったのでしょうか。平安時代からの磨崖仏があります。千年近くの歴史をもった遺跡です。南薩摩の仏教文化の発展ということから清水の磨崖仏は、興味ある課題です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/04/09 14:45
高千穂峡近辺の山村集落と交通要衝地
高千穂峡近辺の山村集落と交通要衝地  高千穂峡の周辺は、山深い山村で、天空にそびえるように集落や畑、棚田が形成されているところがたくさんみられます。また、祖母山のように高い山の尾根づたいに集落がへばりつくように点在していりところもみられます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/04/02 13:00

続きを見る

トップへ

月別リンク

神田 嘉延ー歴史文化の旅から学ぶシニア人生ー/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる