ベトナムの独立のために日本へ留学ー ファン・ボイ・チャウとドンズー運動

 
 ベトナムの独立のために日本へ留学ー ファン・ボイ・チャウとドンズー運動を現代に評価することは、日本とベトナムの友好発展にとって大切なことです。1905年から1909年にかけて、トンズー運動がありました。これは、ファン・ボイ・チャウを中心に、過酷なフランス植民地支配からベトナムの独立を勝ち取るために日本への留学運動です。この留学運動には、当初、大隈重信、犬飼毅、柏原文太郎の有力政治家なども協力しました。1907年の日仏協約によって日本政府は、一転してドンズー運動を弾圧するのでした。フランスは植民地政策として、徹底した愚民政策をとり、日本への青年達の留学を取り締まるように日本政府に要請したのです。
画像


 ファン・ボイ・チャウの墓はベトナム中部の古都フエにあります。その記念館もたっています。日本とベトナムの友好の歴史的に考えていくうえで、大切な碑であります。現在、ベトナムから多くの留学生や技能実習研修生が日本に来ていますが、ファン・ボイ・チャウの時代の精神は現在でも大切です。
   ファン・ボイ・チャウとホーチミンの父は、同郷で親しい友人で、共に漢学者でベトナムの解放を考えていた人です。つまり、ホーチミンは、ファン・ボイ・チャウからみると革命の第2世代になるのです。

画像


 ホーチミンは、1924年にフランスの愚民政策を痛烈に批判した文書を書いています。フランスがベトナムを植民地支配することによって、非識字者が大幅に増えたというのです。漢字文化も一掃し、愚民政策をフランスはとったのです。学校をたてるのも侵略に奉仕する通訳、官吏の養成だけで、智恵を深め、祖国を愛し、思想を発展させ、ベトナムの未来をつくるためではないのです。そこでは、フランスの絶対性とベトナムの祖先を蔑視したものです。ベトナム人が海外留学の考えをもっただけでフランスの反逆者とみなされたのです。ルソーやモンテスキュウーの作品を読むことも禁じられています。

画像


 フランスは、1907年に兵を派遣してベトナム人が学ぶ「ドンキン義塾」の閉鎖を命令したのです。教師達は捕らえられ、虐待され、牛馬のように殴打され、強制労働をされたのです。ホーチミンは、ベトナムの植民政策によって、愚民政策が徹底されていたことをのべています。
 ベトナム人にとって、学ぶことは、命がけであったのです。フランス帝国主義者にとって、ベトナム人が学ぶことが自らの支配が崩れると考え、怖かったのです。ホーチミンは、ベトナムの解放闘争にベトナムの未来のために智恵を発揮するために学ぶことを最も重視しました。

画像



 教育者は、ベトナムの未来にとって、光栄ある重い責任があるとして、その養成を大切にしたのです。ドンギン(東京)義塾は、日本に数週間滞在して日本の教育機関を参観したファン・チュウ・チンによって、1907年にハノイで開設されましたが、9ケ月でフランスの弾圧によって解散しています。

画像


 日本に期待し、命がけで留学してきた青年を、日本政府はフランスからの圧力によって、ベトナム人留学生を追放するのでした。追放されたときは、中国人留学生の多くが在籍する予備校の東京同文書院、士官学校予備校の振武学院、慶応、法政などにベトナム人の留学生は学んでいました。

画像



 1908年10月、ベトナム人留学生の解散命令のときには、300名の留学生がいたとされています。東京同文書院では、ベトナム人留学生のための特別日本語班が設けられました。午前中は、日本語と一般科目、午後は軍事教練でした。1907年から1908年の最盛期は100名近い学生が学び、寮、食堂兼食堂、教室が整備されました。厳しい日本政府のベトナム人留学の解散命令、1909年2月の退去命令のなかでもベトナム人留学生を支えたのが医師の浅羽佐喜太郎などでした。

画像



画像


 ファン・ボイ・チャウは、日本に来た時は立憲君主制をめざしての革命を考えていました。ベトナム維新会を組織して、ベトナムの皇族のクオン・デをたてて、独立を勝ち取ろうと考えたのです。グエン・デは1906年フェを脱出して、ハイフォン、香港経由から横浜に4月末に到着するのでした。
 ファン・ボイ・チャウは、梁啓超(りょうけいちょう)、孫文など日本で中国革命家ばかりではなく、日本人の社会主義者や宮崎滔天など等のアジア解放主義者とも会っています。後に、ファン・ボイ・チャウは、中国革命家との交流・援助をとおして、民主主義革命を志向したのです。ホーチミンが1945年9月にベトナムの独立宣言をしたときは、ベトナム民主共和国でした。
 参考文献・白石昌也「ファン・ボイ・チャウとクオン」渓流社、内海三郎「フアン・ボイ・チャウ伝」
 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック