宮崎県西都市木城町の石井十次資料館訪問

 児童福祉の父と呼ばれる石井十次の資料館は宮崎県西都市木城町にあります。高鍋の市街地から茶臼原小学校の近くに石井記念友愛社があります。現在も児童養護施設として子どもたちが生活する園となっています❗理想とする自然教育を茶臼原230ヘクタールの大地で農業の教育力を大切に農村共同体のロマンをかかげての人間主義の教育実践をしているのです‼️ 大…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

チャンアン渓谷の船くだりと寺院

チャン アン渓谷は天然の要塞でベトナムが中国から独立した10世紀の王宮があったところで、その遺跡は大切に保存され世界遺産にもんなったところです。小舟に乗って渓谷の素晴らしい景色を見れると同時に古い寺院遺跡もみることができます。 丁朝時代966年から980前黎朝980から1009年時代の寺院遺跡です。  チャンアン渓谷の観光の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ベトナムナムデインのxuan hogn村の小学校と教会s

小学校の低学年は教室で昼寝が出来るようしています。教室の後ろに布団があり、机は開いて簡易ベッドになります 学校の遠方に教会がみえます。ベトナムのキリスト教は日本と同じ頃入ってきました。イエズス会も伝統をもっての従前の信仰との共存で、今もその伝統は生きており、仏教寺院や村のデイン神社と共存しています。 小学校に隣接した子ども図書館です…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ベトナムナムデインのトンサー村の鋳金工芸

 ベトナムナムデインのトンサー村は鋳金工芸で有名なところです。17世紀末にクンという人が鋳金の指導をしました。 農業の兼業としてはじめたのですが、今は専業の職人としてなっています。銅像、宗教工芸品、観光地のシンボル工芸品、家具工芸品などに使われています。  鋳金の技術は非常に高くベトナム各地の寺院や博物館におかれています。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

佐賀市学びの歴史文化

 上記の写真は、1781年に設立された人材養成のための藩校弘道館の跡地の記念碑です。 弘道館と鍋島直正  鍋島直正は、1830年に藩主になりましたが、弘道館の充実を充実させる施策を行いました。優秀な人材を養成して、積極的に藩政改革の登用をしたのです。直正は、洋学の影響を受け、科学技術を発展させたのです。反射炉、鉄製鋳造(ちゅうぞう)…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ベトナムニンビンの原生林

 ベトナムの人びとは、クックフォン国立公園を千年の森として親しみをもっています。CUC PHUONGはニンビン省にありますが、ホアビン省とタインホア省に挟まれた広大な自然環境を持っている山岳地域です。総面積2200ヘクタールの自然国立公園です。  国立公園にはエコツアーや環境教育センターがあり、ベトナム北部の自然生態系を学ぶた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

霧島松永用水路と災害防御用石橋アーチ

上の写真は、下が灌漑用水路で,橋の上に小川を流すための石橋アーチおです。左下に流れて、すぐに2段式で水を落とす仕組みになっています。 上の写真は石橋アーチの上の小川から流れてきた水が2段式の段差をとおってきた水量の小川です。  上の写真は上の石橋アーチに流れる小川です。もともとは、灌漑用水路に流れ込ん…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

和歌の歌枕地と大隅国府跡・国分府中町

 ここでうたわれた和歌の内容の一部 天神台の小公園にある解説掲示板です。  元号が平成から令和にかわりましたが、令和は、万葉集の梅歌からとったといわれます。日本古典の和歌を考えていくうえで、大隅の国からもみていく遺跡として、気色(けしき」の杜の歌枕の地を紹介します。    国分の府中町は、大隅国府のあったところといわれ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

霧島の山間水田と隠れ念仏の里ー神宮駅からのハイキングー

 霧島神宮駅から高千穂牧場やダイワハウスの別荘地・ホテルに、時間のあり、少し体力のある人は歩いて、山間地の水田、霧島古道を歩いて楽しむのもひとつのコースです。また、霧島神宮駅から山間水田や隠れ念仏の里を歩くのももうひとつのコースです。  ここは水の循環としての森林、保安林野をもつ水源地、湧き水、小川、河川、用水路や上水路などがみら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

霧島市国分の唐人町と舞鶴城

 島津義久は、1570年に薩摩を統一し、1576年に三州を統一しました。薩摩統一の二年後にアジアとの交易の支配権を確立していくうえで、琉球との交易をする商人に薩摩藩の正印を持たないものに船や財貨を没収するという書状を琉球王朝に送っているのです。琉球貿易の独占の態度をもっていたのです。また、九州王国の達成のために、大分の大友宗麟を1578…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

国分中央高校裏の龍昌寺跡地の多様性文化

 龍昌寺跡地の墓地に津曲家先祖累代の墓がありますが、そこには、珍しい亀鈬墓と二体の龍柱を刻印した墓が建っています。亀の長さは80センチと大きなものです。そのうえに墓碑建立がされています。墓碑を亀が背負っているようになっています。儒教的的な墓の内容になっています。また、獅子座の珍しい墓もあります。さらに、戦前から戦後初期に農民解放運動に活…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

霧島古道と猿田彦の巡行

 霧島神宮の行事として、猿田彦命巡行祭りが行われています。メンドンマワリといわれ、春と秋に各二回行われています。霧島神宮の境内をお祓いするという行事で、東巡り7ヶ所と西巡り8ヶ所を廻っていくのです。東巡りの一部は荒襲街道・小林街道とも重なっています。この街道は、古代から重要な交通網で、南北朝時代の南九州の戦乱、戦国時代の伊藤家と島津家と…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

臼杵の磨崖仏

臼杵の石仏群は、平安時代後期から鎌倉時代にかけて彫られた磨崖仏です。この磨崖仏は平成7年に国宝に指定されている貴重な文化財です。石仏の各尊は、人生のスタートから老年時代を表すと同時に、仏教の教えの自力本願への修行に至る過程を示しています。  ホキ石仏第一群は、入り口から二番目の石仏です。ここには、如来三尊像が配置されています。 …
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

大分の亀塚古墳と海洋文化

大分市内の大在公共ふ頭近くで国道197号から少し丘に入ったところに亀塚古墳があります。大分県内で最大の古墳で、全長116メートルあります。5世紀のはじめごろつくられ、後円部は、三段階で長さ64メートルで高さが10メートルあります。頂上部は、竪穴式で二つの石棺がおさめられていました。二つの石棺は、同じ時期ではなく、主の石棺が5世紀前半で、…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

九重大吊り橋と白鳥神社

 九重大吊り橋は、高さ173メートルで日本一高く、長さは390m-トルと渓谷にかかった巨大な吊り橋です。歩行者専用で、しっかりとした金属製のロープでつながれているのでゆれることはなく、下を見なければ軽快にわたれます。しかし、渓谷での吊り橋で下をみるとすいこまれるような高さで怖く感じます。 吊り橋からみた滝です。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

霧島市国分中央高校の歴史・創設期青藍義塾・精華学校

 国分中央高校は明治39年に窪田二郎によって設立された精華学校によってはじまるとしています。精華学校は牧元喜右衛門の私塾青藍義塾の旧舎を借用して2年制男女共学の各種学校として生徒数68名として発足しました。翌年は生徒数100名になったということです。  青藍義塾は明治22年に授業を開始したもので精藍は中国のことばからとったもので「青は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

沖縄三国時代の城(グスク)の面影と交易

   沖縄の城(ぐすく)は村を守る神として拝む場所としての信仰的な意味をもっているのが多いのです。グスクは御嶽(うたぎ)と結びついているのです。三国時代の北山王が拠点とした城です。1368年に明が成立して、海禁政策を実行することによって、沖縄の三国は、正規の朝貢貿易の体制を確立しようとしのぎをけずっと争います。沖縄本島では、11世紀か…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

琉球王国の信仰文化と世界遺産

琉球王国の聖地・斎場(せーふぁ)御嶽(うたぎ)です。近世以降の琉球王国によるノロ信仰による地域支配関係が強くあったとみられます。伝統的にあった集落のユタとは区別されるものです。琉球王国の尚真時代にアニミズム文化のエタを地域支配の手段にしたものです。ノロは琉球王国の神々と交流するとして、派遣されるのです。琉球王国の強固な精神的支配力として…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

熊本の横井小楠記念館ー現代的学びの価値・大義を世界へー

横井小楠は、明治維新のとき、東洋の精神を大切にし、大義を世界に求めた思想家です。現代的にも為政者、政治家のあり方として、学ぶことがたくさんある重要な問題提起をしています。まさに、横井小楠は熊本が生んだ偉大な思想家です。  その思索の多くは、熊本城下から離れた寒村の沼山津からの発信でした。熊本市の中心街からは、市電の終点の健軍駅から歩い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more