アクセスカウンタ

神田 嘉延ー歴史文化の旅から学ぶシニア人生ー

プロフィール

ブログ名
神田 嘉延ー歴史文化の旅から学ぶシニア人生ー
ブログ紹介
 日本の未来を展望した歴史文化の旅



 地域の暮らしの歴史文化から未来を探る


 今、自分の住んでいる霧島の地域を深く考えながら、日本各地、世界への歴史文化の旅をとおしての明日への日本を展望したいと思っています。

 日本は豊かな自然をもっている国です。豊かな自然があってこそ、幸福な暮らしが成り立ってきたと思います。環境問題が大きく問われる現代社会においては、この豊かな自然と持続可能性をもった経済が切実に要求されます。

 山の民の見方

 日本人は山の民、海の民、農耕の民として自然に大きく関わってきました。山の民は日本の各地の峰を駆けめぐり、日本の山、森林の文化を築きあげてきました。

 そこには、沢山のたくみの技もつくってきました。宮大工、船大工、家具職人、工芸職人等。そして、日本全国の文化を交流させてきました。また、修験道というように心を山のなかで鍛えてきました。この山には、極楽浄土から殺傷を嫌う平和の文化があったのです。山には、たくさんの自然の神がいます。その自然の神と仏教が複合的に結びついてきたのも日本文化の特徴です。

 海の民の見方

 海の民は、宇宙の星をみながら、自らの位置を見極め、気象条件、四季の変化、潮の流れの変化をじっくりみながら航海技術を深化させてきました。

 この航海技術の進歩は、世界へと羽ばたき、交易の民として、異民族文化との接触を積極的にできるようにしたのです。異文化との接触は、珍しい文化のふれあいもでき、創造性をつくりだしました。そして、貴重な財を蓄積し、文化が複合的に豊かになってきたのです。ここには、世界兄弟としての平和の文化もあったのです。海は命を一挙に奪う自然の恐ろしさもあります。海の神に対する安全祈願は海の民にとって大切なことなのです。

 農耕の民の見方

 日本における農耕の民は、山の民、海の民との関係によって生きてきました。海の民によって海外の食の文化が入り、新たな農作物も導入されて、日本の自然条件に合わせて、工夫した生産をしてきたのです。自然条件に不可能と思われる農作物をつくってきたのです。ここには、自然のものではなく、自然と積極的につきあって、豊かな衣食住をつくってきたのです。

 山の民との関係によって、心地よい住宅や工芸品が提供され、里山によって、肥料や薪が確保されてきました。山の民によって貴重な水源の保全と提供、自然の情報、各地の文化の情報、旅の案内人をしてもらったのです。

 日本は、山の民、海の民、農耕の民、異民族と、それぞれの異なる暮らしの基盤と文化の違う人々が共生して、文明を発展させてきたのです。

 霧島歴史文化の特徴

 霧島山麓には人類の未来を考えていくうえですばらしい歴史と文化がありました。
 今、人類は、平和と持続可能な社会をめざすために新たな夢を探っていく時代です。

 霧島山麓は、天孫降臨のニニギノミコの神話があります。この神話は、人間と自然を考える古代文化の結晶でもあります。都城横市では、縄文晩期の稲作跡もみつかっています。日本の国土で、最も古くから稲作の生産が行われていた地です。
 
 霧島山麓には、独自に古墳時代の古代地下式墳墓がたくさんあります。また、古墳時代からの儀式に使用する蛇行剣もたくさんみつかっています。地下式墳墓には、職人の工具と龍紋様の剣、朱色での壁画もあります。 

 象嵌による装飾を施した鍛冶具が新たに見つかりました。日本列島でも、朝鮮半島でも出土したことのない新発見の資料です。象嵌装飾は古墳時代後期の最先端技術です。そこでは、文化水準の高い貴重な遺産が発見されています。

 今から1100年前には、京都の貴族屋敷に匹敵する大きな豪族屋敷と高い文化の営みが都城金田地区で発見されました。同時代、そのまわりには、多くの住居跡が確認され、ひとつの都市が形成されていたことがみられます。ここでもなぜ、霧島山麓に豪族屋敷が作られていたか大変に興味ある課題です。

 前記の10世紀の同じ時代に、霧島六社権現が性空上人に整備されています。霧島山麓は、10世紀に一つの文化が栄えていたことを意味します。その経済的な基盤は何であったのでしょうか。霧島山麓の歴史文化の価値が大きく高まっているのです。
 

 霧島山麓は、シラス大地ということから、天然の登り窯が作りやすい条件をもった場所が数多くあり、樫の木も豊富で良質な白炭を生産してきました。山からの水が豊富で扇状地帯を形成し、湧き水が方々に出ている地形的な特徴もあります。この地形の特徴は、水田が早く作られるのに適していました。鉄の生産も行われていました。
 
 霧島山麓は、今昔物語やつれつれ草に登場してくる性空聖人の修行の地であったのです。日本の説話のはじまりでもあります。神社とお寺が混合していた六所権現の聖の山でもあります。この文化は江戸の末期までも続きます。

 霧島には、多様な価値を認め合う日本文化の平和の源が霧島にあったのです。霧島の歴史文化の豊かさは、自然循環的な営み、森と水、大地の恵みがあったからです。

 戦後民主憲法の原案が霧島山麓でつくられていた

 明治8年、東京の朝野新聞に、鹿児島県襲山郷在中(霧島)の竹下彌平の名によって、民主憲法制定草案が投稿されています。正規の名前ではないと思われます。この地は、西郷隆盛もよく来ていたのです。
 自由の理によって、国会を国の最高権限機関とし、為政者を豹変させないために憲法制定の緊急性をあげているのです。 

 明治維新は、日本が植民地になる危機的な国際情勢でありました。欧米諸国がアジアの諸民族を植民化していく時期です。明治維新政府の5箇条の御誓文は、広く会議を興し、万機公論に決すということ、そして、旧来の陋習(ろうしゅう)を破り天地の公道に基づくべしとしました。
 
 霧島の憲法草案は、ドイツ憲法をモデルにしての明治天皇の暫時立憲政体詔書の出る2ケ月前の執筆です。自由の理によって、国会を国権の最高機関と考える対照的な憲法草案が霧島で考えられていたのです。
 
 霧島には、天孫降臨、神仏混合等の伝統的な文化が凝縮されていると同時に、日本の未来を人類史的な普遍的な原理で考えていこうとする側面も同時にみられます。明治8年の霧島での民主的憲法制定案は、深い歴史の中からみていくことも必要とみられます。

 明治維新のときの廃仏毀釈という神仏混合の伝統的な文化を破壊した一面があったことも決して忘れてはなりません。霧島山麓の貴重な文化遺産が廃仏毀釈によって、失われていったからです。霧島の歴史文化が目にみえる形で文化財として今日残っていないものが数多くあるのです。

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
沖縄三国時代の城(グスク)の面影と交易
沖縄三国時代の城(グスク)の面影と交易    沖縄の城(ぐすく)は村を守る神として拝む場所としての信仰的な意味をもっているのが多いのです。グスクは御嶽(うたぎ)と結びついているのです。三国時代の北山王が拠点とした城です。1368年に明が成立して、海禁政策を実行することによって、沖縄の三国は、正規の朝貢貿易の体制を確立しようとしのぎをけずっと争います。沖縄本島では、11世紀から12世紀いかけて三国による小国が生まれていきました。それ以前の集落の首長の按司(あじ)を束ね、石垣で囲む城をつくっていくのでした。グスクが大型になっていくのでし... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/12/16 17:10
琉球王国の世界遺産と信仰文化
琉球王国の世界遺産と信仰文化 琉球王国の聖地・斎場(せーふぁ)御嶽(うたぎ)です。近世以降の琉球王国によるノロ信仰による地域支配関係が強くあるとみられます。伝統的にあった集落のユタとは区別されるものです。琉球王国の尚真時代にアニミズム文化のエタを地域支配の手段にしたものです。ノロは琉球王国の神々と交流するとして、派遣されたのです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/12/16 16:03
熊本の横井小楠記念館ー現代的学びの価値・大義を世界へー
熊本の横井小楠記念館ー現代的学びの価値・大義を世界へー   横井小楠は、明治維新のとき、東洋の精神を大切にし、大義を世界に求めた思想家です。現代的にも為政者、政治家のあり方として、学ぶことがたくさんある重要な問題提起をしています。まさに、横井小楠は熊本が生んだ偉大な思想家です。  その思索の多くは、熊本城下から離れた寒村の沼山津からの発信でした。熊本市の中心街からは、市電の終点の健軍駅から歩いて、2キロのところにあります。今では横井小楠記念館として残されています。秋津川のほとりで、ちょっと探すのに難しいところにあります。熊本地震により、記念館は残っ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/11/21 16:13
屋久島の自然信仰と山々ー持続可能な循環社会を考えるー
屋久島の自然信仰と山々ー持続可能な循環社会を考えるー   益救(やく)神社は屋久島の各集落にあったそうですが、現在は宮之浦地区の総社だけが残ったといわれます。この神社の行事には、今でも各集落の代表が集まるようになっているのです。かつては、権現神社として、宮之浦岳を奥山として、信仰の対象であったのです。益救神社は、延喜式神明帳に記載されている格式のある伝統的な山岳信仰の権現神社です。屋久島の各集落の行事の岳参りには重要な役割を果たしていたのです。山岳信仰は屋久島に神仏混合として強くあったのです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/11/11 13:19
屋久島一湊小の黒潮留学と地域の歴史文化・自然力
屋久島一湊小の黒潮留学と地域の歴史文化・自然力   屋久島の一湊小学校では都会からの親子留学を2018年4月からはじめ、3世帯が移住してきています。在籍児童数は28人の小規模校です。小学校の校区住民で黒潮留学の実行委員会をつくっています。地域の人々による活性化事業として、親子留学をはじめたのです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/11/10 14:51
肝付町内之浦の交易と文化の歴史
肝付町内之浦の交易と文化の歴史  内之浦は、中国の明からの日本へ移住して来た人々の寄港地でったことが知られています。北郷家が内之浦を飛び地にしていたときには、明からの学者や商人を積極的に受け入れて、北郷家の城の近くに住まわせたといわれます。北郷家が国際貿易を考えていたことが内之浦の飛び地を重視したのです。肝付氏の没落後は、北郷氏の飛び地となるのです。関ヶ原の戦い後に内之浦は、島津の直轄地になるのでした。儒学者の藤原惺窩も内之浦に立ち寄り、明への留学を夢みたということです。内之浦や高山町の肝付河口の波見港で中国の明の人や琉球の人... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/11/01 11:20
肝付町の中世高山城跡と中世からの道骼寳ユ
肝付町の中世高山城跡と中世からの道骼寳ユ  上の写真は本丸跡です。 肝属家の山城は、50ヘクタールという広大の面積を有する中世の巨大な天然の地形に囲まれた城です。また、反対側の丘には、中国宋時代の名僧が開山した道骼宸ェあったのです。肝付町高山は、中世時代に、高い文化と力と冨をもった肝付家の居城として栄えたのです。この山城は国の重要文化財に指定されています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/10/31 23:36
肝付町高山の古代史
肝付町高山の古代史 肝属川河口は、沖積平野で東串良と肝属町・高山地区で、東西30キロ、南方20キロの領域に広がる肝属平野を形つくっています。ここは、弥生時代の遺跡や多くの古墳が存在しています。王子遺跡では現在発掘調査中ですが、大きな集落が形成されていたことが明らかになっています。早くから稲作が生産されていた地域です。大崎町の永吉・天神遺跡から弥生中期(約2100年前)の円形周溝墓が20基が発掘されました。串良町細山田2000年前の弥生時代の竪穴住居31基が発見されました。古墳は、塚崎古墳群、唐人古墳群等の3世紀後半... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/10/31 22:34
豊臣秀吉の野望と名護屋城ー幻の軍事巨大都市ー
豊臣秀吉の野望と名護屋城ー幻の軍事巨大都市ー   ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/10/20 18:41
壱岐の古墳と弥生時代の交易地環状集落跡
壱岐の古墳と弥生時代の交易地環状集落跡  壱岐の古墳群は、壱岐島のヘソの部分にあたる中心地に数多く分布しています。この近くには、国分寺跡などもあったところで、古代から壱岐の行政の中心地の近くに古墳をつくったと思われます。古墳時代の後期にあたる6世紀後半から7世紀初頭につくられたものが200基で、全体で280基の古墳があります。古墳時代の前期と中期の墳墓は大きな前方後円墳はみつかっていません。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/10/18 14:46
壱岐の古代からの神社と海洋文化
壱岐の古代からの神社と海洋文化   ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/10/18 10:53
京都の鈴虫寺と地蔵院
京都の鈴虫寺と地蔵院  京都の嵐山から苔寺にいく予定で苔寺のバス停におりましたが、予約がないと入れないということで、近くの地蔵院と鈴虫寺を訪れました。地蔵院は静寂な竹林と林の中に16羅漢を表す石が境内にあります。16羅漢の庭は、修行を表す石の姿と苔が栄えていました。羅漢とは智恵の力で悩みをなくす悟りを開いてということで、心を浄化してくれるものです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/09/30 12:16
琉球王国のアジア交易から学ぶ沖縄復興で日本再生のモデルに
琉球王国のアジア交易から学ぶ沖縄復興で日本再生のモデルに    ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/09/26 14:08
ベトナム最初の世界遺産グエン朝王宮
ベトナム最初の世界遺産グエン朝王宮  グエン皇帝がベトナム全土をフランスの援助で完全に統一したのが1802年で、それから1945年までの143年間の長きにわたり、ベトナム最後の王朝がおかれた宮殿です。ベトナム戦争で破壊された宮殿でしたが、現在はすっかり修復され、グエン王朝の宮殿遺跡として整備されています。  この宮殿には、ベトナムのフランス植民地の影の面もあります。 日本の幕末とベトナムは、共通の欧米列強の圧力を受けたのです。   1993年にベトナム初の世界遺産に登録されたが、長くベトナム戦争によって破壊された王宮遺... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/09/18 08:46
ベトナムのナムディン省の木工集落
ベトナムのナムディン省の木工集落  ナムディン省でニンビン省に近接しているラスエン村と地元では言っています。今は1500件ぐらい木工をつくっているところがあります。昔は500件くらいでしたが、木工をやる人が大幅に増えています。木工の景気がベトナムの経済発展によって、よくなっているのです。自宅生産販売が380件、売り場専門の販売200件です。ネットより販売している人もいます。簡単なベットであれば一ケ月で出来ます。  原材料は隣の国のラオスから輸入していましたが、今では間に合わないのでアフリカのアンゴラからも輸入しています... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/09/17 16:55
ベトナムのニンビンの石像づくりの職人集落
ベトナムのニンビンの石像づくりの職人集落 ベトナムの農村では、地域の素材を生かした農村工業の発展が盛んです。ここでは、職人が大活躍できる社会です。昔から農村工業として、職人の養成が地域で行われてきたのです。貧しい農村で、土地も十分にないベトナム北部では、手に職をもつことによって、生きていく道を探ったのです。ニンビン省は、ナムディン省の隣の省で、もともと同じ省で、人口が多いということで、分離した省です。ニンビンで有名な特産は、ご飯を炊いて焦げになったところを上手においしく工夫して商品にしています。  陸のハロン湾と称するタムコックの... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/09/17 16:30
ダナンのリンウン寺の大観音と龍柱
ダナンのリンウン寺の大観音と龍柱  リンウン寺は、ソンチャ半島ある広大な敷地面積を誇る寺院です。巨大な観音様があるという寺院です。リンウン寺の本堂には、千手観音があります。千の手を持ちそれぞれの拳に一つずつ眼を持つとされることから千手千眼観音とも呼ばれます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/09/17 12:56
ベトナム中部ダナンとフエの間のハイヴァン峠
ベトナム中部ダナンとフエの間のハイヴァン峠  ダナンとフエの中間にあるハイヴァン峠は、歴史的に砦として大きな意味をもっていたところです。 ハイヴァン峠は、海につきさしたような地形ですので、常に霧がたちこめています。これが「海雲(ハイヴァン)」という地名になったほどです。グエン王朝がベトナム全体を統一する以前の歴史では、大越とチャンパ王国の境界になりました。 ハイヴァン峠は、歴史において戦略の要地であったのです。ベトナム北部から中部を移動する軍隊にとって、ハイヴァン峠の地形は、重大な障壁であったのです。  第2時世界大戦の日本... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/09/17 11:53
ベトナム中部のチャンパ国のミーソン遺跡
ベトナム中部のチャンパ国のミーソン遺跡  チャンパ王国はベトナム中部から南部に存在した海洋交易国家で2世紀から17世紀に存在していました。ミーソン遺跡は内陸部に入った渓谷にありますが、チャンパ王国の聖地で宗教的な意味をもった地域です。ヒンズー教を信仰していた遺跡でチャンパ王国は8世紀に真言密教が入ってくると仏教と結合してのヒンズー教になり、二つの宗教的な要素をもっています。  チャンパ王国は独特な宗教を生み出しています。ダナンから65キロ南下したところにあったドンジュオンの仏教遺跡はアンコールワットより規... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/09/17 09:42
ベトナム中部のホイアンと朱印船等による大航海時代の日本
ベトナム中部のホイアンと朱印船等による大航海時代の日本  ベトナム中部のホイアンは、戦国末期かあ徳川時代の初期にかけて、日本人が積極的に国際貿易をしていた大航海時代です。とくに、1604年から1635年の幕府が交付した 朱印船は、日本の国際的な交易活動にで重要な役割をしました。  朱印船の交付はベトナムが130通でトップです。インドシナ半島で237通で全体の67%です。その中心がホンアイの港です。ホンアイは国際交易活動を積極的に展開していたチャンパ王国の重要な港町です。朱印船時代に、ホイアンは、ヨーロッパの各国の貿易船が入港していた国際貿易都市であ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/09/16 14:56

続きを見る

トップへ

月別リンク

神田 嘉延ー歴史文化の旅から学ぶシニア人生ー/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる