現代に学ぶ金子みすず「みんなちがってみんないい」ー山口県長門の旅ー

 現代に学ぶ金子みすず「みんなちがってみんないい」  金子みすゞの童謡詩は、小学校の教科書にでてくるものです。多くの人々が知る大正期に活躍した童謡詩人です。26歳の若さで自殺した不遇な人生であった人です。現代的にも多くの人々に普通気づかないことを直感力をもって気づかせ、それで感動を与え、学ぶべきこととして、人生への温かさ、人間…
コメント:1

続きを読むread more

300年持続性の霧島市の宮内原用水開発

300年持続性の霧島市の宮内原用水開発 霧島市の宮内原の300年前に用水整備事業には多大な経費と尽力を要して、自然地形から極めて複雑な難工事で完成したのです。まさに、1716年の完成で5年がかりの大工事でした。300年以上継続して潅漑用水です。現代的に持続可能性をもった開発が叫ばれる時代ですが、宮内原用水は、300年間にわ…
コメント:0

続きを読むread more

霧島岑神社の登り竜柱

荘厳なる登り竜柱イチイガシ樹齢400年 岑神社繭神社食事の神豊受神社江戸末期の岑神社と瀬戸尾寺、廃仏毀釈で失くなる。もともと神仏習合の霧島六社権現のひとつでした。岑神社の下の集落が水不足解消のために神社近くからの水道通水をつくった時の碑 500メートル東周り行ったところの神の郷温泉
コメント:0

続きを読むread more

ベトナムナムディン農村の結婚披露宴

 日本人の若者とベトナム人の若者が結婚披露宴をベトナムの男性のふるさとで行われました。両家の親族をはじめベトナムの男性のふるさとの人や友人が参加しましたが男性の叔父さんが一族の長兄ということからお父さんと同様に結婚披露宴で中心的な役割をしていました。 ホーチミン市の郊外で農業をやっていますが、弟に先祖代々の祠や家を管理してもらっていると…
コメント:0

続きを読むread more

霧島の地熱発電所と栗野岳のレクリエーションの森

 栗野と牧園の中間に位置するところに大霧地熱発電所と栗野岳レクレーションの森があります。レクレーションの森にはアートの森があります。 大霧地熱発電所は、300,000kWあるものです。年間の発電量は2億3千700万キロワット時間です。発電所の標高は826メートルです。 蒸気の使用量は1時間ごとに290トンです。蒸気井は3,000メー…
コメント:0

続きを読むread more

現代的創設の霧島重久小水力発電所

 重久発電所は2015年2月より売電を開始しています。出力980kwで一般家庭1500世帯にあたります。小水力発電所が新たに注目されているなかでの現代的創設の水力発電所です。 110メートルの落差を利用しての発電で、1年半の工事で完成しています。小水力発電を推進する九州発電株式会社がつくったものです。 この地域は県道が走り霧島神宮方面や…
コメント:0

続きを読むread more

渓谷にある戦前からの霧島市所在水力発電所

 日本の自然地形から水力発電所が大きな意味をもっています。水力発電所は日本を救うといわれるほどです。自然とのつきあいをうまくやっていかねば、自然からしっぺ返しされるのが日本の厳しい状況自然条件です。うまくつきあえば日本はすばらしい自然の恩恵があるところです。自然と上手に共生していく水力発電所はその典型です。 霧島はカルデラ地形から急に流…
コメント:0

続きを読むread more

東京芝酒蔵屋と江戸開城密談場ー薩摩藩邸近くの若松屋奥座敷ー

 西郷隆盛と勝海舟の江戸城無血開城密談が行われたのは薩摩屋敷の近くに酒蔵の若松屋の奥座敷でありました。現在の三菱自動車の本社のあるところです。そこは、東京湾に接する水路があり、密談する場所に適していたのです。若松屋は薩摩藩の出入り商人として繁栄していたのです。当時の若松屋の屋敷は23軒の間口をもっていたのです。奥座敷は客をもてなす場所と…
コメント:0

続きを読むread more

霧島田口用水路従属型発電所

 霧島市霧島田口の神話の里公園の下にむかしからの田口土地改良区の用水路がありました。この用水路は地域の人々の祖先が苦労して田んぼの開墾のためにつくったものです。そこに平成30年小水路発電所をつくりました。最大出力39キロワット、年間30万キロワット時で全量を売電して、年間1000万円の収入を得ています。misumi株式会社が運営していま…
コメント:0

続きを読むread more

鹿児島県大口の「曽木の滝発電所跡」と野口遵(旭化成創立者)

 鹿児島県の大口にある曽木の滝発電事業の創始者は、野口遵です。現在のチッソや旭化成の設立者になります。曽木の滝水力発電所は明治42年に竣工したものです。平成25年に廃止されていた水力発電所の一部を利用して新たに出発しています。 野口遵は明治39年に曽木の滝を利用した発電事業を立ち上げます。大口金山に電力を供給するためでしたが、余剰電力を…
コメント:0

続きを読むread more

霧島酒造のバイオマス発電

 霧島山麓の都城には霧島酒造という日本一の生産量をもつ焼酎メーカーがあります。霧島の天然水を地下100メートル掘って霧島烈か水という火山灰土壌での岩石にたまったミネラル豊富で鉄分を含まないまろやかな水をくみ上げて焼酎にしているのです。 ここでは、焼酎粕を発酵させてメタンガスをつくり、44%は焼酎製造工程のボイラー用燃料にしています。56…
コメント:0

続きを読むread more

バイオマス発電と高千穂牧場

 霧島市の高千穂牧場は観光地として日曜日や祭日には家族連れで大勢の人が訪れます。動物とふれあう場でもあり、子どもたちが羊とたわむれ、牛の乳しぼりも人気があります。 ここでは家畜牛の糞尿を発酵させ、そのメタンガスを利用して、バイオマス発電をしています。温室効果ガス減少にも貢献します。そして、堆肥として牧草地に戻しています。未来への循環型の…
コメント:0

続きを読むread more

南阿蘇の白川水源と吉見神社

 白川水源は南阿蘇村の代表的な水源で多くの観光客が訪れるところです‼️この水源の池は透明度が高く、川底の砂から湧水がわき出ている様子がみられます‼️ボコボコと川底から吹き上げています‼️毎分60トンの湧水量です‼️名水百選にも指定されています‼️ 古代より水源の守護神として吉見神社があるのです‼️この湧水は不老長寿と諸病退散の御清水とし…
コメント:0

続きを読むread more

熊本県山都町の通潤橋と菅の棚田

通潤橋 安定した農業用水を供給するために橋の上に用水を通した。これが通潤橋です。開発したのは布田保之助で、彼は1833年から1861年に矢部地域76ケ村の惣庄屋をつとめていた。菅の棚田ここでは里山レストランとして各農家の縁側で弁当を食べられるように集落で整備しています。
コメント:0

続きを読むread more

指宿の知林ヶ島と魚見岳

 1日に4時間という短い間しか渡れない指宿の知林ヶ島です‼️島に行くには、800メートル歩きます。周囲6キロ、高さ90メートルの島です。天候にも左右され、波の動きが荒れれば渡れません❗この地域から長崎鼻を経て対岸の根占の辻の岳に至る長径24キロ、短経14キロの楕円形の陥没を阿多カルデラといわれています。そのカルデラの外輪山になるのです。…
コメント:0

続きを読むread more

吹上温泉と農業大学校 

 毎年9月に集中講義教育概論で農業大学校にきます。農業の担い手の養成教育機関ということもあり、学生は目的がはっきりしているので生き生きしています‼️  学生が鹿児島県の農村の未来について黒板に書いて議論をしています‼️教育を通して農村の活性化として、修学旅行の受け入れをして農村の良さを知ってもらう。グリーンツーリズムで農業や自然体験学…
コメント:0

続きを読むread more

宮崎県西都市木城町の石井十次資料館訪問

 児童福祉の父と呼ばれる石井十次の資料館は宮崎県西都市木城町にあります。高鍋の市街地から茶臼原小学校の近くに石井記念友愛社があります。現在も児童養護施設として子どもたちが生活する園となっています❗理想とする自然教育を茶臼原230ヘクタールの大地で農業の教育力を大切に農村共同体のロマンをかかげての人間主義の教育実践をしているのです‼️ 大…
コメント:0

続きを読むread more

チャンアン渓谷の船くだりと寺院

チャン アン渓谷は天然の要塞でベトナムが中国から独立した10世紀の王宮があったところで、その遺跡は大切に保存され世界遺産にもんなったところです。小舟に乗って渓谷の素晴らしい景色を見れると同時に古い寺院遺跡もみることができます。 丁朝時代966年から980前黎朝980から1009年時代の寺院遺跡です。  チャンアン渓谷の観光の…
コメント:0

続きを読むread more

ベトナムナムデインのxuan hogn村の小学校と教会s

小学校の低学年は教室で昼寝が出来るようしています。教室の後ろに布団があり、机は開いて簡易ベッドになります 学校の遠方に教会がみえます。ベトナムのキリスト教は日本と同じ頃入ってきました。イエズス会も伝統をもっての従前の信仰との共存で、今もその伝統は生きており、仏教寺院や村のデイン神社と共存しています。 小学校に隣接した子ども図書館です…
コメント:0

続きを読むread more